損保ジャパンの漏えい2018/11/08(木)
損保ジャパン日本興亜は代理人弁護士坂井眞氏と共謀して全被保険者の個人情報を含む内部文書を平然と漏洩しています。これについて2年連続の総会で指摘するも、監査報告書にも記載せず株主や被保険者を騙しました。また、漏洩の事実は東京地方裁判所においても明に認定されました。漏洩された個人情報を含む内部文書は証拠として保管されています。今も被害者を騙す悪質な書面を幾度となく送り付け続けています。これについて、数百万人の被保険者と株主の方々に告知して、被害を最小限にすることを目的としております。14人もの弁護士を雇用したった一人の被害者に汲々として嫌がらせを続ける損保ジャパンの経営方針は正に異常としかた言えません。これらの事実を広く公開しますので、皆様のご意見を投稿して頂ければ幸いです。
一般社団法人損保漏えい救済基金 sompo.roei@gmail.com
Top Image